1. 広報・PRとは

広報・PRとはでは、その内容とはどのようなものでしょうか。
下記に仕事内容を記します。 

広報とは、Public Relations(パブリック・リレーションズ)の日本語訳で、略してPRと言われます。企業が自らの事業内容や活動方針を広く一般に知らせ、社会との関係をより良好なものにする活動をさしてPRと称されることが多いのではないでしょうか。
この分野を研究された先人の定義をいくつか拾ってみると、「広報とは、公衆の利益に奉仕するものである」、「広報とは、経営機能である」、「広報とは自己の政策および行為の計画的プログラムである」などがあります。

こうして見ますと、PRに関わること自体が大変に難易度の高い業務であることが分かります。
そのPRに携わることに求められる資質は、マーケットに精通していることは、
もとより広い見識を有し、社会とのつながりを重視する「対話の達人」であることでしょう。
つまり、「話す」だけではなく、「聞く」ことにも優れていなくてはなりません。

昨今のテクノロジーの進歩により、新しいメディアも登場しています。
マーケットとテクノロジーに精通し、社会を冷静・的確に見る眼が必要となります。
複雑な利害関係者と信頼関係を築き上げることが肝要となります。

日本でも広報PRの重要性が認識されるようになってきましたが、
それには次のような理由が考えられます。

*新聞・テレビなどの従来型の媒体力の低下。
このように書きますと報道に携わっておられる方々からはお叱りを受けそうですが、
広告との関連で言えば、明らかではないでしょうか。

*ウェブ媒体のソーシャル化が進んだこと。
いわゆるソーシャルメディアの普及により、メディアの位置づけが激変したことがあげられます。

*PR活動が、第三者から「最も信頼できるマーケティング活動の一つ」と認識されはじめたこと。

2. 広報・PRの仕事

広報・PRの仕事○ メディアチェック・クリッピング
一般紙・産業紙・専門紙・業界紙などの新聞・雑誌を確認、
また、WEBのチェックを行い重要な項目をピックアップ。
自社情報のみならず業界動向、競合他社の動きなどを綿密にチェック。

○ 社内の情報収集・確認
企業トップの経営理念・方針を正確に把握する、
また、各事業部トップとの情報交換を行い、協力体制を築く。
広報部門に情報が集まるようにする。 

○ 社内への情報発信
経営トップ、事業部門トップの考えを社内に共有させる。
外部への提供情報を社内へフィードバックさせる。
社内情報を共有させる。
イントラネット、社内報などの作成、メールでの告知。

○ 社外への情報発信
記者発表、プレス・リリースなどによって情報を外部に発信します。
リリース先のリスト作成や、プレス・リリースの作成・配信、
配信後のフォロー、記者クラブへの資料配布、説明資料、想定問答作成等々、
情報発信前の準備から事後処理までの業務を行う。

○ 取材の申し入れ対応
メディアからの取材の対応を行う。

○ 取材アレンジ
取材申し込みの際、社内の最適任者に依頼。取材内容の調整を行う。
インタビューなどは同席し、内容のチェック。

○ 各種原稿のチェック
新聞の場合は事前に原稿のチェックはできませんが、
雑誌やWebなどの場合は通常掲載前に記事をチェックすることが可能な場合もあります。
内容に誤りがないか、誤解を与えるような表現がないかなど、慎重に確認します。
ホームページの記載内容の確認など。

○ 各種ツールの作成
会社案内やニュースレター、社内報など、各種ツールの企画制作をします。

○ 調査・イベントの実施
各種イベントなどの企画・実施

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム